返回
顶部
首页 > 首页 > 快报聚焦 > 正文
四国语言译报!11月20日江苏无新增新冠肺炎确诊病例

现代快报讯(记者 卢河燕)为了让在苏外国友人及时了解最新疫情发展情况,江苏省外办联合现代快报,在中文疫情通报的基础上,推出英语、日语和韩语三个语种的疫情通报。今日通报如下: 

11月20日0-24时,江苏无新增确诊病例,新增出院病例2例。截至11月20日24时,全省累计报告确诊病例677例(其中境外输入46例),除7例境外输入确诊病例在定点医院隔离治疗外,其余均已出院。当日无新增无症状感染者,解除集中隔离和医学管理1例。截至11月20日24时,正在集中隔离和医学管理的无症状感染者25例,均为境外输入。目前,全省追踪到确诊病例和无症状感染者的密切接触者16590人,已解除医学观察16369人,尚有221人正在接受医学观察。

最新疫情风险等级提醒  全国有1个高风险地区,4个中风险地区:   高风险地区:天津市东疆港区(1个):东疆港区瞰海轩小区;中风险地区:天津市滨海新区(2个):滨海新区汉沽街、中心渔港冷链物流区A区和B区;上海市浦东新区(1个):祝桥镇营前村;安徽省阜阳市颍上县(1个):慎城镇张洋小区。境外(除澳门为低风险外)仍全部为高风险地区。   专家提醒:每个人是自己健康的第一责任人。秋冬季是常见呼吸道传染病高发季节,防控形势更加严峻,需警惕流感和新冠肺炎叠加的流行风险,做到多病共防,紧绷疫情防控常态化这根弦,始终保持警惕、严密防范。

一、合理安排出行,减少不必要的聚集。如非必须,尽量不前往疫情中高风险地区。如确需前往,请务必做好个人防护。14天内有中高风险地区旅居史来苏人员,应主动向社区或单位报告,并配合开展集中隔离医学观察和新冠病毒核酸检测。

二、做好秋冬季呼吸道传染病的防控。常通风、勤洗手、保持社交距离,不随地吐痰,遵守咳嗽礼仪,减少公共场所聚集,在通风不好或者人员聚集的情况下佩戴口罩。合理膳食、适当运动、保持良好心态以及充足的睡眠,提升免疫力,有效预防新冠肺炎、流感、肺结核等呼吸道传染病。

三、坚持健康饮食,储存和加工食物时,砧板、菜刀、餐具等生熟分开、及时清洗。肉蛋海鲜等食物烧熟煮透。倡导公筷公勺,合理膳食,均衡营养。

四、出入农贸市场、批发市场等人员聚集场所时,提高防范意识,加强个人防护,全程佩戴口罩。尽量避开人流高峰,缩短停留时间,减少接触生鱼生肉等食品原料,回家后及时清洁双手。

五、一旦出现发热、干咳、乏力等症状,应立即到就近的发热门诊就诊,并主动告知14天活动轨迹及接触史。就医途中全程佩戴口罩,尽量避免乘坐公共交通工具。

六、主动申请和使用“苏康码”进行健康状况申报。入境来苏人员应主动向社区或单位报告,并配合开展集中隔离医学观察和新冠病毒核酸检测。如14天内本人或共同居住的家庭成员曾前往境外,或曾接触过相关地区来苏人员,也应向社区或单位报告。   

November 21 Update: No New Confirmed Case Reported in Jiangsu

Between 00:00 and 24:00, November 20, no new case of Covid-19 was reported in Jiangsu and two cases were discharged from hospitals. As of 24:00 of the day, 677 confirmed cases (including 46 imported ones) have been reported in Jiangsu cumulatively, and all have been discharged from hospitals except seven imported cases, which were under isolated treatment at designated hospitals.  On November 20, no new imported asymptomatic case was reported in Jiangsu, and one such case was released from quarantine and medical supervision in isolation. As of 24:00 of the day, 25 asymptomatic cases, all coming from outside the Chinese mainland, were under medical supervision in isolation at designated hospitals. So far, 16,590 close contacts with confirmed cases and asymptomatic carriers have been traced in Jiangsu, 16,369 of whom have been discharged and 221 are still under medical observation.   The latest update on Covid-19 risk level: On November 20, there was one high-risk area and four medium-risk areas across the Chinese mainland. High-risk area: Tianjin Dongjiang Port Area (one): Kanhaixuan Community Medium-risk areas: Tianjin Binhai New Area (two): Hangu Subdistrict and Cold Chain Logistics Area A and Area B in the Central Fishing Port Economic Zone Shanghai Pudong New Area (one): Yingqian Village, Zhuqiao Town Yingshang County, Fuyang City, Anhui Province (one): Zhangyang Community, Shencheng Town All regions outside the Chinese mainland (except Macao, which was at low risk level) remained high-risk areas.   Experts note that: Everyone bears the primary responsibility for their own health. Autumn and winter see high occurrence of common respiratory infectious diseases which pose greater challenges to our prevention and control efforts, so it is necessary to guard against multiple diseases, flu and Covid-19 in particular, and take pandemic control measures in our everyday lives with high vigilance and tight precautions.  1. Manage your travel properly and reduce unnecessary gatherings. Avoid trips to regions with medium or high risks of the pandemic, unless necessary. Ensure personal protection if you have to go to these regions. Those who have visited or stayed in places of medium or high risk over the previous 14 days should report these facts to their community or employer upon arrival in Jiangsu and cooperate to conduct quarantine for medical observation and nucleic acid tests.  2. Prevent and control respiratory infectious diseases that tend to rage in autumn and winter. Ventilate rooms and wash your hands regularly, and practice social distancing. Do not spit and follow cough etiquette. Reduce public gatherings and wear a mask in places with poor ventilation or crowds. Beef up immunity with a reasonable diet, proper exercise, a good mentality and sufficient sleep to prevent Covid-19, flu, TB and other respiratory infectious diseases.  3. Develop healthy eating habits. Separate cutting boards, knives and tableware while storing and preparing food and wash them soon after use. Thoroughly cook meat, eggs, and seafood before eating. Use serving chopsticks and spoons on the table and keep a healthy and balanced diet. 4. Stay alert, improve personal protection and keep the mask on when going to crowded places such as farm produce markets and wholesale markets. Be advised to avoid large crowds, shorten the length of stay, avoid touching raw food such as raw meat or fish, and wash your hands soon after returning home. 5. Seek medical treatment at a nearby fever clinic as soon as possible when symptoms such as fever, dry cough, and fatigue occur and inform medical practitioners of your whereabouts and contact history over the previous 14 days. Keep the mask on and avoid using public transport when seeking treatment.  6. Use the Jiangsu Health Code to declare health conditions. For those coming to Jiangsu from outside the Chinese mainland, please inform your community or employer of your conditions and cooperate to conduct medical quarantine and Covid-19 nucleic acid tests. If you or your family members living with you have been to places outside the Chinese mainland or have contacted visitors from medium or high-risk regions over the previous 14 days, inform your community or employer of these facts.

11月20日付け江蘇省で新型コロナウイルス肺炎の新規確定感染者がゼロ

11月20日0時から24時までの間、江蘇省で新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)新規確定感染者がゼロで、新たに退院した患者が2人である。11月20日24時現在、江蘇省では確定感染者数は累計677人(そのうち海外からの入国感染者が46人)、指定病院で隔離治療を受けている海外からの入国感染者の7人を除いて、すべての感染者はすでに退院したという。

当日海外から入国した新規の無症状の感染者がゼロで、集中隔離と医学的管理から解除されたのが1人である。11月20日24時現在、集中隔離と医学的管理を受けている無症状の感染者は25人となり、いずれも海外からの入国者であるという。

これまで江蘇省では確定感染者・無症状の感染者との濃厚接触者が16590人と確認されたうち、16369人が医学的観察から解除された一方、221人が医学的観察を受けているところだという。

最新の感染リスクレベル注意 11月20日、全国にはハイリスク地域(県/区、郷/鎮)が1つ、ミドルリスク地域(県/区、郷/鎮)が4つである。ハイリスク地域:天津市東疆港区(1つ): 東疆港区瞰海軒団地ミドルリスク地域:

天津市浜海新区(2つ): 浜海新区漢沽街、中心漁港ゴールドチェーン物流区A区とB区;

上海市浦東新区(1つ):祝橋鎮営前村;安徽省阜陽市潁上県(1つ):慎城鎮張洋団地。

中国大陸部以外の地域(ローリスクであるマカオ特別行政区を除く)全域は依然としてハイリスク地域である。

専門家からの注意喚起は次の通りである:

個人一人一人がご自身の第一責任者である。秋冬季節はありふれた呼吸器感染症が多発する時期であるため、インフルエンザと新型コロナが同時に流行することを警戒し、感染症の予防・抑制の常態化に気を引き締め、しっかりと予防対策を行う必要である。

一、適正な外出を手配し、不要の集会を控えること。必須でない限り、感染ミドル・ハイリスクの地域に行かないこと。事情があって行かざるを得ない場合、個人の予防対策をしっかり行うこと。14日間以内、感染ミドル・ハイリスクの地域から江蘇省に入る場合、自ら所属職場と所属するコミュニティに報告し、集中隔離と医学的管理、及びPCR検査の実施に協力すること。

二、秋冬季節の呼吸器感染症の予防・抑制をしっかりと行うこと。具体的には、正しくてこまめな換気、こまめな手洗い、また人と接する際、一定の距離を保つこと。痰唾の吐き捨ての禁止、咳エチケットの守り、公共の場での集まりを控えること。風通しがよくない場所や人混みの場所でマスクをつけること。合理的な食生活、適正な運動、良好な心理状態と十分な睡眠時間の維持、及び免疫力の向上によって、新型コロナやインフルエンザ、肺結核などの呼吸器感染症を有効的に予防できること。

三、食事の衛生に心がけること。食材の保存・調理する際に、生板・包丁・食器等を生もの用と調理済みの食品用に分け、調理後直ちに洗うこと。お肉・卵・シーフード等の食材を十分に調理された後に食べること。食事する際に、取り箸と取りスプーンを使うことや、ヘルシーな食習慣と栄養のバランスが良い食生活に気を付けること。

四、農業市場・卸売市場等人混みの場所に出入りする際に、マスクの着用等防止対策を強化すること。人出を避け、滞在時間を短縮するほか、生食材との接触を控え、帰宅後直ちに手を洗うこと。

五、発熱・空咳・倦怠感など異常の症状が出た場合、直ちに最寄りの発熱外来医療機関まで受診するうえに、直近14日間の行動の経緯と接触歴を教えること。受診中マスク着用のほか、公共交通機関の利用をなるべく控えること。

六、「蘇康コード」に登録して健康状況を申告すること。中国大陸部以外の地域から江蘇省まで来た関係者がコミュニティーか勤務先まで報告する上に、集中隔離と医学的観察を受けるほか、PCR検査に協力すること。直近14日間内ご自身か同居の家族が感染ミドル・ハイリスク地域への旅行歴、もしくは関連地域から来た関係者との接触歴があった場合でも、コミュニティーか勤務先まで報告すべきこと。












相关推荐
热点
版权所有 江苏现代快报传媒有限公司 @copyright 2007~2020 xdkb.net corperation. 苏ICP备10080896号-6 广告热线:96060 本网法律顾问:江苏曹骏律师事务所曹骏律师